【自作PC】持ち運び可能 小型ゲーミングPC

11月末のブラックフライデーセールに勝ったPCパーツを正月にやっと開封したので、紹介していきます。
持ち運び可能なゲーミングPCを作るためにいろいろ買いました。
組み立てに関してはこちらの記事を参考にしてください。

完成品

組み立て後のケースの中と背面はこんな感じで、あまりスペースがないぐらいぎちぎちに埋まってます。スペースがない中で作業になるので少し組み立ては大変でした。
組み立てに関してはこちらの記事を参考にしてください。

構成

今回は持ち運べてある程度の画質設定でゲームができるようなPC構成です。
おおよそエントリーモデルぐらいの感じですね。
合計価格92,991円で10万切った価格で安価に作れる構成となっています。

パーツ名製品名価格 (円)リンク
ケースSGPC K559585https://amzn.to/3WEsAYN
CPUAMD Ryzen 5 560018000https://amzn.to/3vBk4y1
マザーボード‎ASRock B550M-ITX/AC20000https://amzn.to/3i6UHAT
メモリKlevv DDR4 3200Mhz 8GB x 25556https://amzn.to/3WWTX00
GPU‎Gigabyte RTX305029800https://amzn.to/3Q7oMgl
SSDKIOXIA NVMe M.2 500GB3990https://amzn.to/3VFqI0K
電源Fractal Design Integra SFX 450W3480https://bit.ly/3i8Ntwl
ライザーケーブルデュアルリバース 185mm PCIe 3.0 ×162580https://bit.ly/3WNa0y0

ケース

今回の主役、持ち運び可能なゲーミングPCを作る上で最も重要なパーツです。
SGPC K55です。購入した時の価格は9,585円でした。

仕様
製品名SGPC K55
対応マザーボードmini-itx
対応CPUクーラー高さ63mm以下
対応ビデオカード長さ300mm以下
対応電源SFX
I/Oポートなし
外形寸法120(W)×180(H)×308(D) mm
容積6.6L

※グラボを搭載する場合は185mmデュアルリバースのライザーケールが必要です。
※CPUクーラーはAMD Ryzen 5 5600に付属されているCPUクーラーでも問題なく組み立てできました。

ケースの外形寸法(実寸)

ケースの寸法を測ってみました。おおよそ製品ページに記載ある寸法と同じでした。
横(W):約125mm(ねじ部分も含めると約135mm)
高さ(H):約190mm
奥行(D):約305mm

CPU・CPUクーラー

AMD Ryzen 5 5600です。購入した時の価格は18,000円でした。

CPUクーラーの外形寸法(実寸)

AMD Ryzen 5 5600 付属のCPUクーラー Wraith Stealth Coolerの寸法を測ってみました。
横:約100mm
縦:約107mm
高さ:約53mm

マザーボード

wifi付きのものを選びました。
ASRock B550M-ITX/ACです。購入した時の価格は20,000円でした。

詳細
製品名B550M-ITX/AC
フォームファクタmini-itx
チップセットAMD B550
ソケットAM4
メモリDDR4 x2
スロットPCIe16 x1
USB type-c有 x1
Bluetooth対応 v4.2
wifi対応 802.11ac+
m.2スロット有 x1
メモリ

Klevv製のDDR4 3200Mhz 8GB x2です。価格は5556円でした。

GPU

GIGABYTE GV-N3050EAGLE OC-8GDです。価格は29800円でした。
セールの時に29800円になることがあるので、買うときはセールの時を狙いましょう。

詳細
グラフィックスコアGeForce RTX3050 8GB
ビデオメモリGDDR6 8GB
バスインターフェースPCI-E 4.0
出力HDMI x2 / Displayport1.4 x2
補助電源8 pin
サイズ213*120*41mm (without Bracket)

SSD

KIOXIA NVMe M.2 500GBです。容量が500GBで安いのを選びました。価格は3980円でした。

電源

Fractal Design Integra SFX 450Wです。激安だったので買いました。今回のケースはSFX電源しか対応していないので注意しましょう。ATXやSFX-LはNGです。
容量大丈夫かなと思ったんですけど、GPUを購入したgigabyteのホームぺージを見ると、電源要件は450Wだったので、RTX3050を使ってるうちは問題ないと思います。GPUをもっと高性能のものにしたい場合は、電源も容量UPさせないとだめですね。

ライザーケーブル

デュアルリバース 185mm PCIe 3.0 ×16を購入しました。いろいろ探して安かったところで購入しました。2580円でした。

組み立てについてはこちらの記事で説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました